価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

返礼品について


葬儀をされる際に、悩むポイントのひとつとして上げられるのは返礼品です。
これはどのような基準で、どのように選んだらいいものなのかと悩まれる方が多いです。当社では、見積書の返礼品は通夜返礼品のことを指します。
通夜返礼品は、お通夜に弔問に訪れてくださった方に対するお礼の品のことです。近年では、弔問客の多くは告別式ではなく通夜に参列されます。それに、通夜振る舞いの席に出席されない方も多いです。そのような場合に、通夜振る舞いの代用品としての性格が強いものとなっています。

当社で人気の返礼品は賞味期限が比較的長いお茶やのり、そして賞味期限のないタオルなどです。特に、男性の弔問客は鞄などを持たずに手ぶらでいらっしゃる方も多いので、あまり大きな返礼品はかえって迷惑になってしまうような場合もあります。そのため、なるべく小さく、軽いものが返礼品だと喜ばれる場面が多いです。
首都圏ですと、当日にお香典のお返しをするということは少なく、後日四十九日が終わったという報告と共に、お香典返しを送るというパターンが多いため、当日の返礼品は会葬礼状のおまけ程度に考えてもいいかもしれません。

また、当社では家族葬や一日葬で、参列するのは家族のみ、というパターンも多いです。そのため、通夜返礼品自体を用意しないということも多々あります。そもそも参列するのが全員家族であれば、お礼をする必要もありません。
ここで、稀に「会社に提出するために会葬礼状が欲しい」という方がいらっしゃることがあります。当社では返礼品にサービスで会葬礼状をつけていますので、会葬礼状のみを注文される場合には、それだけのために費用がかかってしまいます。
会社で忌引をするのに会葬礼状が必要という場合もありますが、これは無理に会葬礼状を作ってお金をかける必要はなく、火葬が終わった後に発行される埋葬許可証のコピーでも問題ないケースが多いです。
近年では誰でもパソコンが使える時代で、人によっては会葬礼状を偽造して忌引をするというような人もいます。しかし、埋葬許可証であれば、発行された日付がきちんと記載されている公的な書類ですから、偽造はできません。ですので、会社に特別な規定があって会葬礼状を提出しなければならないのでなければ、こちらの提出で忌引は受理されるはずです。

返礼品も葬儀の費用のひとつです。返礼品は絶対に必要だと言い切れるものでもありませんので、もし必要がないのであれば注文せずに、葬儀費用を抑えるというのもひとつの手です。無理に高額な返礼品を注文させようとする葬儀社にはご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です