価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

香典返しについて


大変な思いをして、やっとお葬式を終えた、と思っても、実際にはその後もやることが山積みで、なかなか肩の荷は下りないものです。
その中の一つに、香典返しがあります。香典返しはその名の通り、いただいたお香典に対するお返しですので、無視するわけにもいきません。
ならその香典返しは、一体どのタイミングですればいいんだ、という話になります。そのタイミングとして最も適切なのは、四十九日を過ぎて忌が明けてからです。
昔は喪主様がそれぞれ香典をくださった弔問客の皆様のところへ出向いて、忌明けの挨拶と共に送るものでしたが、現在ではそのやり方は現実的ではありません。ほとんどの方は挨拶状を添えて、弔問客の自宅に郵送します。

香典返しを送るタイミングが分かると、次に気になるのは香典返しの金額をどのように決めたらいいのか、ということです。
香典返しの金額は、いただいたお香典の金額で決めるのが一般的です。その金額は、いただいたお香典の半分から三分の一というのが相場になっています。一万円のお香典をいただいたら、五千円程度の香典返しを送る、ということになります。
しかし、これはすべての場合に当てはまるというわけではありません。例えば、高額なお香典をいただいた場合です。ご親族やそれに相当する身内と呼べるような方から高額のお香典をいただいた場合には、そこにご遺族を労る気持ちというものがあります。
ご遺族を助けたいというお気持ちで大きな金額を包んでいただいたのに、お香典の金額に伴って高額の香典返しをしたというのでは、結局それがご遺族の負担になってしまい、お気持ちにそぐわない結果になってしまいます。
こういった時には、通常よりも割合を下げて、四分の一程度の金額の香典返しでも、失礼ということにはなりません。

高額なお香典をいただいた時以外にも、香典返しの金額を下げる、もしくは香典返しをしない場合があります。それは、ご遺族が経済的に厳しい場合です。例えば、お子様のいらっしゃる家庭で大黒柱が亡くなってしまった時や、それ以外にも生活が苦しい方などには、弔問客の方もそういった状況に対して理解をしてくれます。
このような場合には、弔問客の方にきちんと挨拶をして状況に対する理解を求めれば、ほとんどの方はご理解を示してくれます。

タイミングも金額も理解して、後はどこで香典返しを注文すればいいか分かれば完璧です。香典返しのご注文は、当社におまかせください。当社ではカタログタイプの香典返しを用意してございます。金額も明瞭ですし、弔問客が望むものをカタログから注文できますので、商品を選ぶ手間や、喜ばれなかったらどうしようという心配もございません。
葬儀のアフターフォローも、当社におまかせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です