価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

お焼香について


お葬式に参列する時に「これってどうしたらいいんだろう?」と不安になってしまうことのひとつに、お焼香があります。
お葬式の最中に、司会の人がアナウンスして始まるお焼香ですが、一回なのか二回なのか、それとも三回なのか。抹香(お焼香の際に、香炉に落とすパラパラしたお香)をつまんだ手はどこまで上げればいいのかなど、考え出すとキリがありません。
では、何回やれば、どこまで手を上げれば正解なのでしょうか。

正解は、宗派による、です。お焼香は仏教式のお葬式の作法ですので、仏教のそれぞれの宗派によってやり方が違います。
それでは、その宗派ごとのお焼香の仕方をご紹介します。
『天台宗』
天台宗では回数について、特に決まりはありません。一回から三回しておけば大丈夫です。
『真言宗』
回数は三回です。
『浄土宗』
特に回数の決まりはありません。
『浄土真宗』
浄土真宗では、本願寺派と大谷派で回数が違います。本願寺派は一回、大谷派は二回です。どちらも抹香を額にいただくことはしません。
『臨済宗』
回数に特にこだわりはありませんが、通常は一回です。
『曹洞宗』
回数に特にこだわりはありませんが、通常は二回です。この時、二回目は抹香を額に戴かずに香炉に落とすことが多いです。
『日蓮宗』
通常は三回です。

これで宗派によってお焼香の回数などが違うということがわかりましたが、では、宗派は自分の宗派に合わせるのか、それとも参列したお葬式の宗派に合わせるのか、という問題が出てきます。例えばですが、臨済宗の方が真言宗のお葬式に参列した場合に、臨済宗にならって一回するのか、真言宗にならって三回するのか、ということです。
この場合、もっとも望ましいのは、執り行われている宗派ではこうするが、それぞれの信ずるところにしたがって行ってください、と会場でアナウンスすることです。葬儀の信仰上、こうしたアナウンスをすることができない場合もあります。そうした時には、葬儀社側はそのような考えのもとで葬儀を執り行っていると考えていただいて結構です。
極端な話、仏教式のお葬式にクリスチャンの方が参列されて、お焼香をせずに黙祷をされたとしても、そこに気持ちがこもっているのであれば、それに対して文句を言われるということはありません。
また、宗派によってお焼香には決まりがあると言っておきながら、多くの弔問客がいらっしゃるお葬式では、宗派を問わずにお焼香は一回にする場合もございます。お焼香はその形式よりも、こめられた気持ちの方がずっと大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です