価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

経帷子


経帷子と聞いて、すぐにピンとくる方は少ないと思いますが、死装束というとピンとくる方は多いのではないでしょうか。
死装束は明衣や浄衣などとも呼ばれます。
昔は死装束というと、故人様と関係のある、ゆかりのある女性が作っていました。この時、糸尻を止めずに縫うのが特徴です。現在、首都圏では死装束を縫うということはほとんどありません。ほぼ必ず、葬儀社が用意するものと思っていただいて結構です。
真っ白な経帷子は左前で着せ、三角の頭巾を額にあてて、手甲と脚絆(すね当て)、白い足袋を履かせ、六文銭の入った頭陀袋を首にかけ、杖を手にさせる、というのが一般的なスタイルです。
これは冥土へ旅をするための旅支度です。六文銭は三途の川の渡し賃と言われており、その昔は本当に六文を持たせていたものですが、現在では六文銭の絵などを頭陀袋に入れることが多いです。これは、火葬の際に棺の中に金属を入れられないという問題などが関係しています。

死装束はすべての宗派で用意するものではありません。浄土真宗では冥土の旅は否定していますので、死装束は用意しません。白衣や、晴れ着、故人様が生前お好きだった服などを着せます。そして、胸で組んだ手に、木製の数珠をかけるという形になります。
浄土真宗の方にかぎらず、最近では死装束を着せるということは少なくなっています。当社ではほとんどの場合、経帷子を体に掛けるという形です。手甲、脚絆、足袋はつけていただきますが、三角頭巾は見た目にもご遺族に喜ばれないため、枕元にそっと置きます。
菩提寺があって檀家になっている方でなければ、死装束を用意するよりも故人様がお好きだった服を添えていただいた方が、故人様本人、ご遺族様にとっても気持ちの上で納得できるという声が多いため、死装束を用意しないということもあります。

お葬式を宗教儀礼として考えた場合、死装束は必要なものです。しかし、現在では多くの方が宗教儀礼としてお葬式を重視しているわけではなく、故人様とのお別れの会という側面が重視される傾向にあります。
ですから、無理に死装束を着せるよりも、故人様、ご遺族の方のお気持ちや意思を尊重して、ご希望であれば死装束を、ご希望でないのから好きな服をご用意する、という方が、納得して故人様を送り出すことができるのではないでしょうか。
当社では、何よりも故人様とご遺族様の気持ちに沿った形でお葬式をあげるべきだと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です