価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

副葬品について


納棺の際、お棺には旅支度のセットや花だけでなく、故人様が生前お好きだったものなどもお納めします。
これを、副葬品と呼びます。この副葬品ですが、故人様が亡くなってすぐに用意しなければならないものではなく、出棺までの間に決めていただくものですので、比較的ゆっくりと選んでいただくことができます。
副葬品を選ぶという作業も、故人様との思い出を振り返ったり、故人様のために最後にしてあげられることを考えたりと、葬儀をあげる上で非常に大事な時間です。

できれば副葬品には制限をもたせず、入れたいというものはなんでも入れて差し上げたい、というのが正直なところですが、実際にはそうもいきません。
それはご遺骨に悪影響を与えるものであったり、火葬炉に害のあるものであったりと、明確な理由があるものですので、残念ながら例外的に入れてもいいよ、というように言って差し上げられないのが心苦しいところではあります。
副葬品として棺に収められないものの代表とも言えるものが、金属類です。また、火葬炉で爆発する恐れのあるスプレーの缶なども禁止されています。爆発というと、ライターもそうです。タバコ好きだった故人様のために入れて差し上げたいという方がいらっしゃるかもしれませんが、危険ですのでマッチにて代用をお願いいたします。
その他にも、陶器やガラス製品なども禁止されています。
生前眼鏡をかけていた方に多いのが、眼鏡を入れてあげてほしいという声です。こちらはお棺に入れることはできませんので、火葬が終わった後に、骨壷の中に一緒にお入れさせていただいております。入れ歯も、眼鏡と同様の対応となります。
カーボン製のゴルフクラブやラケット、釣り竿なども副葬品には向きません。
また、ビールやお酒などが好きで、という方の場合には、缶や瓶をそのまま入れることはできませんので、紙コップに入れ替えての対応をさせていただきます。
意外と思われるかもしれませんが、メロンやすいかといった、大きな果物もそのまま入れることはできません。あまり水分が多くなってしまうことも、火葬にはよくありません。紙コップのお酒も同様で、大量にいれることは避けるべきです。
いろいろと例をあげましたが、「燃えにくそうなもの」と思っていただけると分かりやすく、また納得もしていただけるかと思います。

賛否わかれるのは、写真です。ご存命の方の写真を一緒に棺に入れると、一緒に連れて行かれてしまう、というような迷信があったため、これを嫌う人はいます。しかし、ご遺族様がご希望であれば、当社ではこれを禁止はいたしません。こちらに関しては、お気持ちで決めていただいて結構です。
当社としても、副葬品に制限をもうけたくはないのですが、安全のため、故人様のためにご納得いただけると助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です