価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

葬儀式・告別式1


多くの方が気にされるのは、実際のお葬式の流れです。そこで今回は、葬儀・告別式当日の流れをご紹介します。
まず、葬儀・告別式の所要時間ですが、これは大体1時間くらいということが多いです。当社では、あまりせかせかするお葬式は、ご遺族の方にとってよろしくないのではないかと考え、1時間半お時間をいただくこともあります。
火葬の多くはお昼前後の時間になりますので、開式時間はそこから逆算して決めることになります。火葬が12時だとしたら、開式が10時半頃、そして開式時間の1時間前、場合によっては1時間半ほど前をご遺族様の集合時間、開式の30分前を会葬者の方の集合時間に設定します。
ご遺族様に早く来ていただくのには理由があり、当日の式の流れを確認したり、僧侶を迎えていただく必要があるからです。それと同時に、会葬者の方々がいらしてからでは、故人様との最後の時間をゆっくりしていただくことができない可能性がありますので、式が始まる前に故人様とゆっくり語っていただきたいという思いもあります。

そして開式となります。参列される方々、一同着席していただき、導師が入場します。
導師による読経や引導といった葬儀式が行われ、その流れのまま告別式へと入っていきます。導師が読経される中、お焼香していただき、それらが終わると閉式となります。
最近では多くの場合、そのまま式中初七日の儀式が始まります。あらためて別の日に初七日をやる方よりも、現在は圧倒的にこちらが多いです。式中初七日で再びお焼香をしていただき、読経が終わると導師が退場されます。
そして、会葬者、ご遺族様にも一度斎場から退場していただき、葬儀スタッフによってすぐにお別れの儀の準備がされます。そして、再び入場していただき、お別れの儀のが始まります。
お別れの儀では、祭壇のお花をお棺にいれていただいたり、故人様が生前お好きだったものなどの副葬品を収めていただき、最後のお別れをします。この最後のお別れが終わると、お棺の蓋が閉められ、火葬場へと移動することになります。
火葬場への移動は、市営の斎場をご使用の場合には斎場と併設されているためすぐに済みますが、民営の斎場をご使用の場合にはお車での移動です。かかる時間は斎場から火葬場への距離によって変わります。

そして、火葬が始まります。火葬の時間はおよそ1時間半ほどです。その間、ご希望であれば精進落しのお食事となります。火葬が終わるまでの間、思い出話などしていただきながらお食事を楽しんでいただき、拾骨となります。
拾骨が終わり次第、解散となり、自宅に飾り付けをする場合にはスタッフがご自宅まで伺って、祭壇の設営をいたします。
ここまでで、夕方までにはすべての儀式が終了します。
ご遺族様にとっては長い時間となり、非常に体調を崩されやすくなります。葬儀・告別式が終わっても、ご遺族様には各種手続きなどやらなければならないことが山積みですが、式を終えられてからせめて次の朝までは、ゆっくりと休まれることをおすすめしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です