価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

葬儀の歴史4


これまでずっと土葬がされてきた日本の葬儀ですが、5世紀の後半頃の遺跡から焼かれた骨が発見されているため、この頃から火葬がされていたのではないかと考えられています。
火葬とは仏教と深く関わりのある葬儀の方法です。仏教の伝来が6世紀の半ば頃ですから、実はそれ以前から火葬が行われていたということになります。ただ、行われていたとは言っても、やはり火葬は仏教と関係のあるものですから、火葬が広まっていくのは仏教の広がりと共にでした。
とはいっても、民衆への広がりはまだまだ先のことで、仏教と関わりを持つ葬儀をしていたのは、天皇や貴族といった、身分の高い人達からでした。

象徴的なのは、持統天皇の葬儀です。持統天皇は703年の12月22日に亡くなっていますが、25日には四大寺で法会が行われました。そして29日に西殿で殯が行われ、1月5日にはまた法会、そして2月17日、4月2日にも法会が行われています。これがどういうことかというと、今でいう初七日、中陰、百カ日の法要が行われたということです。これらの法要はすべて仏教の儀式ですから、持統天皇の葬儀には仏教は深く結びついていたということが分かります。
そして12月17日にやっと火葬が行われます。現在では、葬儀の後、すぐに火葬が行われますので、この点では現在の葬儀と大きく変わっています。そして12月26日に納骨となりました。現在では、多くの場合七々日、つまり四十九日に納骨されることが多いので、これもまた現在の葬儀とは違いますね。

天皇の仏教式のお葬式というと、清和天皇のお葬式も仏教式でした。清和天皇が亡くなったのは880年の12月4日のことです。清和天皇は出家されていた方で、亡くなった時も西方に向かって、仏教式の座り方で、両手を組み合わせた格好で亡くなったそうです。その後、念珠を手にかけたまま納棺されて、その日のうちに火葬されました。
持統天皇の葬儀から180年経って、葬儀の方法が現在とぐっと近くなりました。ご遺骨が葬られたのは12月7日のことで、12月10日には初七日の法要が始まり、七々日まで読経が続けられます。全面的に仏教が関わった葬儀ですので、七々日が非常に重視されています。
天皇の葬儀ですので、一般庶民とその規模は全く異なりますが、それでも仏教式の葬儀になったことから、現在営まれている多くの葬儀とその形式が近くなってきました。この葬儀以降、天皇や貴族の間では仏教式の葬儀と火葬が定着していくことになり、現在の葬儀にも大きな影響を与えることになりました。
ここから、連綿と続く仏教式の葬儀の変遷を見ていくことができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です