価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

葬儀の歴史8


江戸時代になると、仏教は一気に人々の生活に浸透していくことになります。その理由が、寺請制度です。これによって、誰もがどこかしらのお寺の檀家にならなければならないということが、幕府によって定められました。
これがきっかけとなって、葬儀もさらに仏教色の強いものとなっていきます。そうなると、仏教式の葬儀の特徴でもある火葬が一気に増えたのではないかと思われるでしょう。しかし、実際には火葬はそこまで広がりを見せることはありませんでした。
さすがに江戸時代の火葬率を示すような統計は残っていませんが、明治時代の記録は残っています。1896年のデータによると、火葬率はなんとたったの26.8%です。それより遡って江戸時代の火葬率となると、これを更に下回って、2割程度でしかなかったのではないかということが予想されます。
これにももちろん地域差というものがあって、江戸や京都といった大都市や、火葬を推奨していた浄土真宗の勢力が強かった北陸地方では、これよりももっと高い火葬率でした。

この火葬ですが、実は一度、明治政府によって禁止されるということがありました。1873年のことです。これには、仏教ではなく神道を国教化していきたいという明治政府の思惑があったようですが、その2年後にはこの禁止は撤回されることになります。しかし、火葬場の許可の条件をきっちりと定めました。煙などで人の健康が害されることのないように、市街地から離れた場所に建設することや、火葬場と墓を分離することなどが法律で定められました。
すると、京都市ではこの影響で、市街地での土葬を禁止し、それに次いで東京でも市街地の土葬が禁止されたのです。こうなると、葬儀の周辺事情が現代とかなり近くなってきますので、葬儀自体もどんどん現在のものと近くなっていきます。

当時は、火葬の時間は20時から22時までに行い、拾骨は朝の8時から15時までに行うものと定められていました。現在では当日火葬で、1時間半後には拾骨することができます。その差は、火葬場の設備の違いによるものです。ご遺体を焼くにも時間がかかるし、それが冷めるまでにも時間が必要だったということです。当日のうちに拾骨ができるようになったのは、1927年の東京にある当時の町屋火葬場が重油炉火葬を導入してからのことでした。
こうした動きもあり、火葬率はだんだんと上昇し、1940年の時点では55.7%にまで上昇しました。日本の近代化は、葬儀の近代化ももたらした、ということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です