価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

数珠のマナー


葬儀に参列する際、多くの方が数珠を持参されます。しかし、この数珠の扱いについて悩まれる方は多いのではないでしょうか。数珠にも意味や持ち方などがあり、きちんとしたマナーを守ることで、他の参列者やご喪家からの評価も変わってきます。今回はそんな数珠のマナーについてご紹介します。

数珠は念珠とも呼ばれており、正式なものには108個の珠で作られています。この108というのは、お気づきかとは思いますが、煩悩の数です。本来は、仏様に合掌礼拝しながら、煩悩を祓うための仏具でした。
正式なものは108個の珠がついているわけですが、実際に108個の珠がついた念珠を持っている方は少ないのではないでしょうか。ほとんどの方が、もっと少ない数の珠で作られた念珠をお持ちかと思います。現在では珠の数にはこだわる必要はなく、むしろ少ない方が一般的ですので、ご安心ください。
ちなみに二重にして持つ念珠は「二輪念珠」、数が半分になっているものは「単念珠」と呼ばれます。
この数珠ですが、宗派によって種類が違ったり、扱い方も多少違ったりします。ですが、葬儀に参列される時には自分の宗派の念珠を使用して構いません。そもそも、多くの方が念珠を購入する際には宗派などを気にするということは少ないと思いますが、それで大丈夫です。
葬儀に参列する時は、移動中などは念珠入れに入れておいて、葬儀会場で使用しない時などは左手に持つかかけるかし、どこかに直に置くということは控えましょう。また、仏教式でなく、神道式やキリスト教の式の時には持参する必要はありません。

数珠を手に持つ時には、房が下に来るように左手にかけて持ちましょう。お焼香や合掌の後などにも、左手で持つことがマナーです。また、数珠を手から離したい時には、バッグや念珠入れ、ポケットなどに入れて、どこかに放置することはしてはいけません。
合掌の時には、房が下にくるように、両手の親指と人差し指の間にかけるようにします。この時、親指で数珠を軽く押さえるようにします。長い数珠を持っている場合には、両手の中指にかけて、両手の間でこすり合わせるのが正しい使い方です。

普段何気なく持っている数珠にも、きちんと意味やマナーがあります。多くの方が数珠のマナーを知らない中、それらをきちんと守ることで、年配のご遺族や参列者などきちんとマナーを知っている方からの見る目が変わってきますので、どうせ数珠を使うのであればマナーを守って使用することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です