価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

仏壇の種類


当社はご遺族の要望があった際には、仏壇屋さんをご紹介しています。最近では仏壇が家にないという方も多く、故人様が亡くなってから急いで仏壇を用意するということも多くなっています。
仏壇は用意しなければならいないけれど、一体どのような仏壇にすれば良いのかと、悩まれる方も多いです。そこで今回は、仏壇について少しご説明したいと思います。

仏壇には大きく分けて二つのタイプがあります。ひとつは仏間に置くタイプの大型のものです。高さは人の身長くらいもあり、置く場所をかなり選びます。最近ではマンションなどに住んでいて、とてもじゃないけれど置く場所がない、という方が多く、当社の体感としてはこちらを購入される方は比較的少なく感じます。
もうひとつは、上置きタイプと呼ばれる小型のものです。タンスの上などにも置けるもので、こちらは比較的場所を取らないため、現代の住宅事情にもマッチしており人気です。
大きさ以外にも、仏壇には種類があります。それは塗り仏壇と唐木仏壇です。塗り仏壇は金仏壇とも呼ばれるもので、檜などの材質に漆塗りをし、金箔で豪華に仕上げている仏壇です。こちらは関西や中部地方などで人気のあります。
一方、唐木仏壇は金箔は使わず、黒檀やけやき、くるみなどの材質で、木目を生かして作られたものです。こちらは関東で人気のあるもので、比較的小型なものが多くなっています。
また、最近ではこれらとは全く違うタイプの仏壇も登場しています。それは、まるでオシャレな家具のような外観をした仏壇です。こちらはリビングに置いても全く違和感のないようなモダンなデザインとなっており、グッドデザイン賞を受賞するようなものもあります。サイズも上置きタイプよりは大きいものの、仏間に置くタイプのものよりもコンパクトで、マンションなどにお住みの方にもおすすめできます。

仏壇を購入したら、どこに安置したらいいのかと迷う方も多いです。昔の家には大抵仏間がありましたから迷う方は少なかったのですが、マンションや最近の一戸建てでは仏間がない家が多いです。では、仏間がない時にはどこに安置すればいいのでしょう。おすすめするのは、家族が集まり、落ち着いて拝むことのできる場所です。それがリビングであれば、リビングでも構いません。ですが、仏壇の性質上、湿度が高かったり直射日光が当たる場合などには避けましょう。
またワンポイントとして、神棚がある場合には、神棚とは向かい合わないように安置しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です