価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

死亡の手続き


人が亡くなると、多くの手続きをしなければなりません。では、一体どのような手続きが必要になってくるのでしょうか。
まず必要なのは、死亡診断書か死体検案書です。死亡診断書は病院などで亡くなり、医師によって出されるもので、こちらには故人様の生年月日などの基本情報、亡くなった場所や死亡日時、死因などが記載されています。死体検案書もほとんど同じものですが、一度警察を経由して医師による検死を受けた際にだされるものです。こちらを受け取っていただき、葬儀社に渡していただく必要があります。

次に必要なのが死亡届です。死亡届は医師からもらう死亡診断書か、もしくは死体検案書の左側です。こちらに必要事項を記入しなければなりません。こちらに記入する際に、多くの方が迷われるのは故人様の本籍です。普段、本籍がどこになっているのかを意識している方は少ないと思います。そのため、いざ記入しなければならないという時になって本籍が分からずに、記入できないということがあります。
実際のところ、記入された本籍が間違っていても、役所に出した際に修正はしてもらえますが、きちんと正しい本籍を記入するにこしたことはありません。もし余裕があれば、ご自身とご家族の本籍を把握しておくといいかもしれません。

必要事項を記入したら、多くの場合死亡届を葬儀社に渡すことになります。死亡届を受け取った葬儀社が、一体何をしているのか、ご遺族様には見えない部分になります。葬儀社は死亡届を受け取ったら、役所に向かいます。この時、行く役所は故人様の住所地か、もしくは死亡地にある役所です。例えば、故人様が住んでいるのが神奈川区、亡くなった場所が西区だった場合、神奈川区役所か西区役所に死亡届の提出ができます。
死亡届は亡くなってから7日以内に提出しなければなりません。ですが、葬儀社に任せておけば、提出を忘れるということはないでしょう。なぜなら、葬儀社にとって死亡届を提出することで発行される、火葬許可証が何よりも大事だからです。
火葬許可証はその名の通り、火葬の許可が下りたという証明書です。これがないと、火葬をすることができないため、葬儀をする上での最重要の書類となります。こちらがなければ、葬儀社は何もすることができません。ですので、役所への届け出などの事務手続きはご遺族様に対するサービスというよりはむしろ、確実に葬儀を行えるようにするため、自分たちで間違いなく手続きをしたいという気持ちで行っている部分もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です