価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

一日葬とは2


前回は一日葬のメリットについてお話しましたが、今回はそのデメリットについてご紹介します。メリットだけでなく、デメリットについてもきちんと把握した上で、葬儀プランを決めていただければと思います。

一日葬のデメリットとして挙げられるのは、告別式しか行わないという点です。告別式しか行わないことでメリットのある一日葬ですが、それ自体がデメリットにもなってしまうのです。
首都圏では、弔問客がいらっしゃるのは告別式よりもお通夜という傾向にあります。特に近年では、その傾向が強まっています。
理由としては、最後のお別れはご家族でという配慮や、平日にお通夜と告別式が行われる場合には、お通夜の方が仕事終わりに出席し易いから、など色々ございます。そのため、お通夜が行われないということになりますと、弔問客の側としては弔問しづらいというような状況にもなってしまいます。
そもそも家族葬を想定しており、弔問客を招く予定のない方にとってはそれほどデメリットにはならない、と考える方もいらっしゃるかと思いますが、ご家族にとってのデメリットもございます。それは、お別れの時間が短くなってしまうというデメリットです。
お通夜、告別式と両方をされる場合には、2日かけてゆっくりお別れをすることができますが、一日葬だとそれが告別式のみになってしまいます。直葬で火葬のみよりはお別れの時間が取れるとはいえ、お葬式は故人様と過ごせる最後の時間です。それを長く取れるのであればそれに越したことはありません。
当社では一日葬でもなるべくお別れのお時間を取れるようにご配慮はさせていただいておりますが、一般葬より時間を取るということはやはり難しくなってしまいます。

もうひとつのデメリットは、直葬でもデメリットとして挙げた、菩提寺との問題です。菩提寺のお坊さんですと、中には一日葬を却下されるお坊さんもいらっしゃいます。式はやっているのだからいいじゃないか、と思われるかもしれませんが、宗教者としてはそうはいかないと考える方もいらっしゃるということです。
もし一日葬をご希望の場合には、あらかじめ一日葬を予定しているけれど、それで大丈夫かということを確認された方が無難です。
また、儀礼に厳しいという点に関して、お坊さんだけでなく親族やその他の弔問客から一日葬に対する批判がおこり、揉めてしまうという場合もございます。これに関してはご理解いただくようにご説明するしかありません。

一日葬は一般葬と直葬の間を取った人気のプランですが、このようにデメリットもございます。これらの情報をご参考にしていただいて、プランをお選びいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です