価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

社葬とは何か


ニュースなどを見ていると、社葬という言葉を聞くことがあります。
それでは、その社葬とは一体どういったものなのでしょうか。一般的なイメージで言うと、社葬は大きなお葬式、と思われていることが多いです。
それは、決して間違いというわけではありません。が、それで正解というわけでもありません。社葬をご説明するには、まず一般的なお葬式、社葬と比較する時は個人葬と言われるお葬式の形式についてお話する必要があります。
個人葬はその運営や負担をご遺族がされるお葬式です。○○家の葬式と言われるお葬式のほとんどのお葬式がこの形式になっています。
では一方の社葬はどうなのかというと、その運営や負担を会社がしています。○○家の葬式、となっていても、その負担を会社がしていればそれは社葬ですし、○○社社葬となっていても、その負担をご遺族がしていればそれは個人葬になります。また、ご家族で密葬をした後に、会社が負担してお別れ会をする場合、このお別れ会は社葬に分類されることになります。

個人葬ですと、その目的は亡くなった方への弔いですが、社葬ではそれ以外にも目的があります。
ひとつは亡くなった方への追悼と共に、会社への貢献を称えるという目的です。単に弔うだけでなく、会社への貢献を称えるという点が個人葬とは異なります。もうひとつは、亡くなった方を通して、社外の関係者にお世話になったお礼をするという点です。そして最後に、亡くなった方がいなくなっても、引き続き支援してもらえるようにと参列者にお願いするという目的です。
どうしても社葬となりますと、亡くなった方への弔いそのものよりも、こういった目的が大きくなってしまいます。しかし、社葬においてそれを全面に出してしまえば、亡くなった方への弔いを疎かにする会社であるとして、不評をあびることとなります。
こういった部分での気遣いがとても重要になります。

しかし近年では、社葬は減少傾向にあります。経済状況が悪くなれば、それだけ社葬にかけられる費用は減っていき、その対象者も、例えば専務クラスでも社葬が行われていたものが、社長でなければ行われないなど、絞られていくことになります。
また、葬儀そのものは家族で行い、お別れ会をするという形式が増えています。有名人が亡くなった際に、よくニュースとして取り上げられるのがこの形式です。

当社は基本的には家族葬など規模のあまり大きくないお葬式を、なるべく費用をかけずに行いたいという方に人気がありますので、ここをご覧になっている方には社葬なんてやる予定はないよ、という方が圧倒的に多いかと思います。しかし、社葬というものもあるのだ、ということを知っておくことが、いつか役に立つかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です