価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。

0120-957-797

24時間365日いつでも相談承ります

メール受付はこちら

お香典について


お葬式に参列する時、つきものなのがお香典です。
そもそも、お香典とはいったいどういったものなのでしょうか。まず、香典の香とは一体どのようなものかと申しますと、「仏の食べ物」という意味があります。そこから転じて、広く食料をさすようになっていきました。お香典はその昔、お金ではなく食料を渡すものだったのです。
お香典は、もともと香奠と書かれていました。これには「香を供える」という意味があります。「香を供える」というところから、時代を経るにつれて「香を買う代金」へと変化していき、「奠」が「典」となったのです。

お香典がお金を供えるものになりますと、だんだん相場というものができていきました。
現在の相場は
近隣の方……5000円
一般の会葬者……5000~10000円
関係者……10000~30000円
親族……10000~50000円
家族……50000~100000円
といった具合です。
年齢や社会的立場等で変動するものですので、一概にこの相場を払えば大丈夫、というわけではありませんが、一応の目安にはなります。また、最近では家族葬などを行う際に、ご遺族が香典は遠慮するということもありますので、香典ではなくお花を贈るということもあります。ご遺族の意向に沿うようにするということが一番大事かもしれません。
また、昔はお香典に偶数は使わないというように言われていたこともありましたが、現在では20000円を香典にする、というようなこともあります。昔ほど、そういったことを気にされる方は減ってきています。

香典で悩むのは包む金額だけでなく、上書きに悩むことも多いです。
仏教式のお葬式では、四十九日までが「御霊前」で、四十九日以降が「御仏前」と認識されていることが多く、お葬式に参列する時は「御霊前」と書くか、書いてあるものを購入するのが無難、と思われがちです。
しかし、浄土真宗や曹洞宗などの禅宗では、お葬式の香典で「御霊前」を使うことはなく、「御仏前」を使います。また、キリスト教のお葬式の場合、カトリックでは日本人の習慣を許容しているため、「御霊前」と書かれた香典袋を使うことができますが、プロテスタントのお葬式では使わない方がよろしいです。キリスト教では「お花料」と書くのが無難です。
神道のお葬式では「御玉串料」や「御榊料」と書きます。
どの宗教のお葬式でも比較的万能に使えるのは、「お香料」という言葉です。これであれば、どの宗教でもある程度許容され、それほど否定されません。
お香典を準備する際には、事前にどの宗教のどの宗派のお葬式が行われるのか確認するのが、最も無難で間違いがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です