価格の高さがまごころではありません。
横浜の葬儀・葬祭に関するすべてに安心料金ご対応します。


豆知識


お葬式ってどれくらいの種類があるの?

概要

現代では葬儀社が提供する葬儀サービスは多様化しています。喪主・遺族の方々の想いや事情によって、葬儀の「かたち」は選べる時代となりました。
そこで今回は、多様化するお葬式の中で、どんな葬儀の形があるのかについて見ていきたいと思います。

1.一般葬

一般葬は、家族、親族、友人、勤務先の関係者などを招いて行われる一般的な葬儀のこと。
家族葬との違いは、参列者に多くの一般会葬者が含まれるかどうかという点。費用については、形式によって異なるので、どちらが安いかは一概には言えません。
近年では小規模の葬儀が望まれる場合が多く、家族葬が人気ですが、参列者が多い場合は一般葬が望ましいでしょう。

一般葬の費用は、 50~300万円が相場。料理や返礼品などの飲食接待費に関しては、参列者の数によって大きく変わるため、葬儀費用の総額は人数によって異なります。

また葬儀費用に関しては、一般葬の場合参列者から香典を受け取ることが多く、香典収入で葬儀費用の多くを賄える場合があります。

2.家族葬

家族葬とは、家族や親族、親しい友人などに限定して、小規模で行う葬儀のこと。

近年は家族葬を選ぶ人が増えています。理由としては、故人に付き合いのある友人があまりいないケースが多く、そのため参列人数は減少傾向にあるため。

こうしたことから、葬儀の小規模化が望まれてきています。こうしたことから、家族葬は現代の事情に合った葬儀といえるでしょう。

家族葬の費用は、およそ111~115万円が相場。一般葬と比べると平均費用が安く見えるかもしれません。しかし、香典を受け取ることが少ないため、参列者の多い一般葬よりも高くつくこともあります。

費用を安く抑えたい場合、出席者は身内だけなので、飲食を用意しないという方法があります。

3.一日葬

一日葬とは、通夜は行わないで、火葬当日に親しい方のみ参列し、告別式のみを行うこと。
大がかりな準備をする必要がなく、家族は大切な方を弔う事に専念できます。

一日葬の費用は、およそ48万円が相場。通夜にかかる飲食や返礼品の費用がかからないため、一般的な葬儀よりも費用が安くなることが多いです。

しかし、その日来られない人はお別れができません。参列者の予定をしっかりと把握した上でスケジュールを決めましょう。